2017年12月17日

新木場『丸惣』さんで、オカズ選びにテンションが上がるの事

とある用事で新木場まで足を伸ばし、気がついたら日が暮れていた。
ついでなので夕食も、この近辺で済まそうと、向かった先は……。

171217_01.jpg

171217_02.jpg
丸惣定食・食堂 / 新木場駅

JRほか新木場駅から徒歩1分。駅施設の一階部分、別の言い方をすれば新木場駅の「下」という好立地にある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『丸惣』さん。同駅周辺は、今でこそ大手IT企業やスポーツ施設が近隣に存在するが、その昔は貯木場や木材関連企業、もしくは倉庫ぐらいしか無かった関係で、現在でも食事処は然程多くない。同店は、そんな同駅周辺では貴重な大衆食堂となる。

171217_03.jpg

171217_04.jpg

171217_05.jpg
店内の様子

店内はテーブル席とカウンター席があるが、最大の特徴は、刺身・煮物・焼き物等々、数々の料理が既に調理されてラップが掛けられた状態で、所狭しと棚や冷蔵庫に並べられているところ。食べたいものを選んでトレイに乗せていき、最後にご飯(サイズを大中小で選べる)や味噌汁を注文して精算するというシステムである。なお煮物や焼き物等の温かいオカズは、精算後にレンジで温めてくれる。

171217_06.jpg

昭和の大衆食堂や学食のようなシステムのお店は久しぶりだったのでテンションが上がってしまい、オカズを4品も選んでしまった。

171217_07.jpg
鶏肉の照り焼き(190円:税込み、以下同じ)

171217_08.jpg
焼き魚(150円)

171217_09.jpg
野菜炒め(130円)

171217_10.jpg
モツ煮込み(190円)

171217_11.jpg
ご飯(中)と味噌汁(190円+70円)

これだけ豪華な内容となったにも関わらず、一品あたりの単価が安いため、トータル金額は税込み920円!
なんと1000円札でお釣りが来るのだ。

171217_12.jpg

それぞれの味は……まぁ「家庭的な味」というか、スーパーマーケットで売られているお惣菜を想起していただければ間違いない(苦笑)。しかし、コストパフォーマンス観点から考えれば十分すぎる美味しさだ。おかげで「調子に乗って取りすぎたかな……」と思っていたのだが、速攻で完食してしまった。料理の組み合わせで、栄養バランスを考えられるのも有り難い。なお同店はアルコールの類も充実しているので、これらのオカズを肴に昼から一杯、という方も多いそうな。

皆様も、新木場に訪れた際には、お試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 09:05| 東京 ☀| Comment(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

武蔵小杉『味噌好き!みそごろう』さんで2つの店名の謎に迫るの事

この日、私は日が暮れるのを待って外出した。
その理由は……。

171210_01.jpg
味噌好き!みそごろうラーメン / 武蔵小杉駅新丸子駅向河原駅

JRおよび東急東横線の武蔵小杉駅の北口から徒歩3〜4分、駅前から北上し、繁華街を抜けたら西側の住宅街へと進む。そして、とあるマンションの一階にある店舗スペースのひとつが(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)、今回の目的地である『味噌好き!みそごろう』さん。あれ? 看板には『自家製麺 然』と書いてあるけど……?

171210_02.jpg
入り口横の看板

実は同店、昼は豚骨魚介ラーメンの『自家製麺 然』、夜は味噌ラーメンの『味噌好き!みそごろう』と、昼夜で提供するラーメンが異なる、俗に言う「二毛作」のお店なのだ。それ故に店名が2つあるという訳。で、今回は味噌ラーメンがターゲットだったので、夜に訪れた次第。

171210_03.jpg
店内の様子

店内に入りコの字型のカウンター席に座る。奥にある厨房は、二毛作ゆえか店の規模にしては広い印象。

171210_04.jpg
食券販売機(昼と夜のメニューが併記されている)

入り口の所にある食券を購入して席に座り、店内備え付けのテレビを見ながら暫く待っていると……。

171210_05.jpg
味噌つけ麺並盛り(850円:税込み)

味噌つけ麺並盛りが到着!

171210_06.jpg

そもそも茹でたモヤシやキャベツが景気良く盛られている上に、並盛りでも麺の量は300グラムあるので、このボリューム。
ラーメンにおける一杯あたりの麺は100〜150グラム、つけ麺なら200グラム前後が標準的なので、かなりの大盤振る舞いといえる。

171210_07.jpg

これを、自慢の味噌スープに漬けて食べるのだ!

171210_08.jpg

物の本によれば、味噌スープは5種類の味噌をブレンドした上に、昼間の業態を活かして魚介の風味を加えてあるとのこと。味噌の持つ濃厚で力強い美味しさが存分に引き出されている一方で、味噌臭さは感じられないという理想的な味噌スープといえる。

茹で上げた麺のヌメリを冷水で取るという過程において麺が纏った水分で味が薄まるため、つけ麺のスープは、ラーメンのスープよりも濃い目に作られるのが定番。それなのに味噌臭さを感じさせず、味噌の美味しさのみを引き出したスープを提供するのは、想像以上に難しいと思われる。

そして麺自体の美味しさも秀逸だ。強力粉100パーセントの自家製麺はシコシコとした歯ざわりで、味噌スープの美味しさを余す所なく受け止めているのだ。


東急東横線の新丸子駅からも十分に徒歩圏内。というか、新丸子駅と武蔵小杉駅のほぼ中間に位置している。
皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 17:40| 東京 ☀| Comment(0) | 食:ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

千駄ヶ谷『みろく庵』で“丸山定食”に挑戦するの事

或る日のこと、別の用事で市中を彷徨っているうちに、千駄ヶ谷界隈に来てしまった。
お昼時だったので、この近辺でランチを取ることにした。
向かった先は……。

171203_01.jpg
みろく庵そば(蕎麦) / 千駄ケ谷駅北参道駅国立競技場駅

JR千駄ヶ谷駅から徒歩数分。首都高速4号新宿線と並走する東京都道414号四谷角筈線を代々木方面に向かって進んでいき、通り沿いに店を構えているのが(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『みろく庵』さん。「国立能楽堂」のバス停留所が見えたら、すぐそこだ。

同店は創業当時は蕎麦屋だったのだが、お客のニーズに応えていくうちに取り扱うメニューが増え、現在では定食等も扱う居酒屋のような業態のお店となっている。

そして将棋会館に近い同店は、将棋棋士の方々にも愛用されている。藤井聡太・四段が将棋史上最高記録となる公式戦29連勝を達成した日の昼食が、同店から出前された豚キムチうどんだったのは、あちこちで報道されたのでご記憶の方も多いだろう。ちなみに藤井四段のデビュー戦となった加藤一二三・九段との対局では、昼食時に同店から味噌煮込みうどんを出前注文している。

171203_02.jpg
店内の様子

「藤井フィーバー」で知名度が跳ね上がったお陰もあってか、コアなランチタイムでは無かったにも関わらず店内は盛況。厨房と接客で6〜7人いる店員の方々が大忙しで対応されていた。少々入り組んだ構造になっている店内の、奥の方にあるテーブル席に通され、注文を通して暫く待つ。

171203_03.jpg
唐揚定食・唐揚げ3個追加(750+400=1150円:税込み)
※二人がけ用の小テーブルだったため、縦置きになってしまっているのはご容赦願いたい。

今回の注文は、同店の人気メニューのひとつ唐揚定食……なのだが、通常は唐揚げ3個入りのところ、さらに唐揚げ3個を追加して倍の6個にしている。

171203_04.jpg

よって皿の上に盛られた唐揚げ(骨付きなのがポイント高い)の迫力が尋常ではない。

171203_05.jpg

そのほかは、御飯、味噌汁、香の物、冷奴、大根おろしというベーシックな構成である。

さて、この「唐揚定食・唐揚げ3個追加」、メニューには無い特殊オーダーなのだが、『丸山定食』という俗称がある。私が「唐揚定食・唐揚げ3個追加」とオーダーした際も、店員の方は「丸山定食ですね」と復唱したし、料理を運んで来られた方もそう呼んでいた。メニューには無い特殊オーダーにも関わらず、それだけ多くの方が注文しているからだが、それは何故か?

実は「唐揚定食・唐揚げ3個追加」のオーダーは、大食漢としても知られる将棋棋士、丸山忠久・九段が同店からよく注文することで将棋ファンの間では有名なのだ。そして同店を訪れたファンが丸山九段に習って「唐揚定食・唐揚げ3個追加」をオーダーするケースが続き、それでいつしか『丸山定食』の名が生まれたのである。

171203_06.jpg

閑話休題。骨付きの唐揚げは、もちろん揚げたて。ジューシーで柔らかい上に塩コショウやショウガで下味がチャンと付いており、単品としての完成度は言うまでもなく、御飯のオカズとしても申し分ない美味しさだ。運ばれてきた6個の唐揚げを見たときは、若かかりし頃とは違い食事量が落ちた自分を鑑みて不安もあったのだが、御飯共々瞬く間に平らげてしまった。食べ進めるうちに更に食欲が刺激されて箸が進み続ける、なんて体験は久々だ!

豚キムチうどんもいいけれど、(絶対的に量が多いのは事実なので)胃袋に自身のある方は、ぜひ『丸山定食』をお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 17:33| 東京 ☀| Comment(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなのプロフィールSP
ブログランキング