2017年10月29日

新宿『カレーハウス11イマサ』さんで創意工夫を続ける姿勢に感嘆するの事

私は常々、「立ち食いそば屋のそばは、本格的な蕎麦屋の蕎麦とは違うタイプの美味しさがある」と主張しているが、同じように「カレースタンドのカレーは、本格的なカレー店とは違うタイプの美味しさがある」とも考えている。

今回ご紹介するのは、「違うタイプの美味しさがある」老舗のカレースタンド。

171029_01.jpg
カレーハウス11イマサカレーライス / 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

JR新宿駅西口から徒歩1〜2分。新宿駅西口の地下商店街、京王モールの一画に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『カレーハウス11イマサ』さん。店名は「カレーハウスイレブンイマサ」と読む。都内屈指の飲食店激戦区である新宿において、1964(昭和38)年(なんと前回の東京オリンピックが開催された年だ)から今日に至るまで多くの人に愛される老舗カレースタンドである。物の本によれば、1日の利用客は1000人を超える(!)のだとか。

171029_02.jpg
店内の様子

入店したのは午前10:30ごろ。微妙な時間および台風接近中の日だっただけに、流石に客の入りは疎ら。テーブル席は無く、カウンター席のみ。店頭の券売機で食券を購入し、席に着く。

171029_03.jpg
メガカレー(800円:税込み)
※写真はラッシー(100円:税込み)を追加

今回の注文は、同店で最高価格――と言っても800円――のメガカレー。同店はトッピングの種類が豊富で目移りしてしまうので、私はいつもこれを注文している……というか、してしまう。カレースタンドだけに、注文から提供まで短時間なのも魅力。

171029_04.jpg

チキンカレー系のルゥに、コロッケ・チキンカツ・ハンバーグ・バターコーン・ポテトサラダ・ウィンナーがのった凄まじいボリュームのカレー。お断りしておくが、これで普通盛り。この強烈なビジュアルで800円という超絶的なコストパフォーマンスだッ!!(興奮)。

171029_05.jpg
卓上にあるルゥの紹介文

先程「チキンカレー系のルゥ」と書いたが、なんと同店では素材ごとに6種類ものカレールゥが用意されている。この細かい拘りが、栄枯盛衰激しい新宿の飲食店において、50年以上の永きに渡り、多くの人から支持される秘密だ。

171029_06.jpg
基本的に、同店のカレールゥは尖ったところのない、万人受けの食べやすさを追求したマイルドな美味しさ。ただ刺激が欲しい方向けとして、卓上にオリジナルのスパイスが入ったボトルを用意するなど抜かりはない。香の物も卓上に二種類用意されているなど、味の種類を豊富に用意することで、お客様を飽きさせず、再度来店してもらうことに注力している。決して立地の良さに奢らず創意工夫を続ける『カレーハウス11イマサ』さんに、皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 10:50| 東京 ☔| Comment(0) | 食:カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

中目黒『芙蓉庵』さんで「当たり前」の有り難みを感じるの事

衆院選の期日前投票のため、小雨の降るなか、区役所のある中目黒に向かった。台風接近中のためか投票所には想定以上に人が列を成しており、投票を済ませるまで時間が掛かってしまった。このため投票終了後に来訪を計画していた当初の予定先が昼休みとなってしまい、計画変更で向かった先は……。

171021_01.jpg
芙蓉庵そば(蕎麦) / 中目黒駅代官山駅祐天寺駅

東急東横線ほか中目黒駅より徒歩1〜2分、同駅のすぐ隣にあるビル、中目黒GTのGTテラス2階に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『芙蓉庵』さん。近代的なビルの中に忽然と現れる風情ある佇まい。今でこそビル内のテナントとして営業しているが、開業そのものは1985(昭和60)年なので、既に30年以上、同地で親しまれている評判の蕎麦屋さんである。

171021_02.jpg
店内の様子

店内にはノーマルなテーブル席のほか、一人客(相席)用の囲炉裏席、家族連れや酒宴時に嬉しい小上がりも用意されている。

171021_03.jpg
三色そば(1050円:税込み)

今回の注文は、三色そば。

171021_04.jpg

ベースとなる更科のほか、抹茶と芥子の実を打ち込んだ蕎麦の三点セット。

171021_05.jpg

手打ちのため、蕎麦の太さに微妙な違いがあるが、それが食感のアクセントになって飽きさせない。この蕎麦を、少し甘めでまろやかなツユに潜らせて口にすると、歯ごたえは若干固め、喉越しは上々の、オーソドックスだが出来の良い美味しいお蕎麦となって口福となるのである。

中でも白眉なのは茶蕎麦で、ちゃんと茶葉の香りと風味が感じられるのだ。「茶蕎麦なんだから当たり前」かもしれないが、タダの「緑色の蕎麦」になってしまっている茶蕎麦が多い中で、これは有り難い。

最後に、僅かに白濁した温かい蕎麦湯をツユに注いで頂いたのだが、元から汗っかきの私は顔中に汗をかいてハンカチで何度も汗を拭うことに……。

アクセス至便で中休みが無いので、利用機会は多いはず。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 22:26| 東京 ☁| Comment(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

西武新宿『かぶきち』さんで、ご当地グルメ「日田やきそば」を味わうの事

或る日のこと、夜半に新宿まで出向く用事ができたので、ついでに夕食も取ろうと決めた。
向かった先は……。

171008_01.jpg
かぶきち焼きそば / 西武新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

最寄り駅としては西武新宿駅から徒歩3〜4分ほどであるが、JR新宿駅や東京メトロ新宿三丁目駅からも十分に徒歩圏内、巨大なゴジラのオブジェで御馴染み、新宿東宝ビルの向かいに店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『かぶきち』さん。東京近郊では珍しい、大分県日田市のご当地グルメ「日田やきそば」を食べられるお店である。都内で日田やきそばを食べられるお店については、新高島平の『あぺたいと』さんぐらいしか知らなかったので、期待が膨らむ。

日田やきそば(Wikipedia)

171008_02.jpg
店内の様子

入店したのは20時を少し過ぎたころ。私が入店した際は若干の空席があったが、昼夜を問わず人の往来が絶えない歌舞伎町という土地柄か、すぐに空席は埋まっていった。

なお、日田やきそばは、麺を鉄板で焼き固めたのち、ほぐして具と炒める所に特徴がある。このため出来上がりまでに少々時間を要する。同店では麺を作り置きしておらず、注文が入る度に調理しているので尚更だ。少し長めの時間、はやる気持ちを抑えて待っていると……。

171008_03.jpg
焼きそば(並)(830円:税込み)

今回の注文は、基本メニューの焼きそば(並)。

171008_04.jpg

中央の生玉子は追加トッピングなのだが、無料なのが有り難い。

171008_05.jpg

オリジナルの自家製麺は、焼き固められてカリッとした部分と、そうではないモッチリした部分の対比が面白く、飽きの来ない食感を生み出している。これに、特性ソースの自然な辛味と甘味が馴染んで、とても美味しい。ある程度食べ進んだら生玉子を崩して麺に絡ませると、まろやかでコクのある味もプラスされて更に楽しめる。お陰で、小腹が空いていた程度の空腹感だったのだが、あっという間に完食してしまった。これなら大盛りをオーダーしてもよかったなぁ……。

眠らない町・歌舞伎町にふさわしく24時間営業なのも嬉しい限り。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 09:10| 東京 ☀| Comment(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなのプロフィールSP
ブログランキング