2017年06月24日

錦糸町『台湾厨房 劉の店』さんの台湾鉄道弁当を「心が踊る食べ方」で頂くの事

錦糸町遠征シリーズその3。こちらは度々メディアに取り上げられているお店なので、来訪してみたかったのだ。

170624_01.jpg
劉の店台湾料理 / 錦糸町駅住吉駅

JR錦糸町駅から徒歩1分、同駅南口を出て右手にあるピア錦糸町商店街を進むと見えてくるレンガ作りのお店(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)、ここが今回ご紹介する『劉の店』さん。日本風にアレンジしていない、本場台湾の味がそのまま楽しめるお店として評判を集めている。

170624_02.jpg
店内の様子

城東地区屈指の繁華街である錦糸町の駅前とは思えないほど、店内はスローペースな雰囲気。その一方で厨房は活気づいている。そのギャップが面白い。

170624_03.jpg
台湾鉄道弁当(1029円:税込み)

今回の注文は、台湾鉄道弁当……えっ、弁当?

170624_04.jpg

確かに日本では滅多に見かけなくなったアルミ製の容器に入っているようだが……。

170624_05.jpg

これ、実は台湾駅弁のド定番「排骨(パイコー:豚のアバラ肉のこと)弁当(排骨便當)」を再現した料理なのだ! 台湾では日本統治時代に駅弁文化も持ち込まれ、そのまま現在も定着している。同店は、台湾駅弁の味が日本で楽しめる極めて貴重なお店なのである。

170624_06.jpg

気になる中身は二段重ね。上段は主役の排骨(豚のアバラ肉)に煮玉子。野菜は高菜にタクアンに絹サヤ。

170624_07.jpg

下段はキャベツや人参、干しエビなどの炒め物がライスの上に乗っている。

170624_08.jpg

お上品にそのまま食べようかとも思ったが、やはり「弁当」なのだからと上段の中身を下段にオン・ザ・ライス(笑)。
大きな排骨は出来たて熱々、カリッとした食感が嬉しく食べごたえ十分。煮玉子は最近の主流に反して硬めだがシッカリ味が着いていて旨し。そして野菜炒めの乗ったライスの美味しさは特筆もの! 干しエビなどから出た旨味のエキスがライスに染み込んでいるのだから当然か。

なにより心が踊るのは、弁当故に容器を手で持ってライスを掻き込めること! 和食以外で、食事の際に器を手に持つのは基本的にマナー違反とされるが、この料理は「弁当」なのだ。遠慮する必要などない。掻き込むからこそ実感できる美味しさというものもあるのだ……。

皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 15:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

錦糸町『北斎茶房』さんで「高い要求レベルをクリアする」あんみつを頂くの事

今回ご紹介するのは、錦糸町遠征シリーズその2。そして暫く振りのスイーツ。

170617_01.jpg
北斎茶房甘味処 / 錦糸町駅菊川駅

JR錦糸町駅北口から徒歩10分ほど、バスロータリーから東西に伸びる北斎通りを両国方面に暫く歩いた道沿いに店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『北斎茶房』さん。錦糸町と両国のほぼ中間に位置するという、決して交通至便という場所では無いにも関わらず、コアタイムには順番待ちの列もできる人気店である。

170617_02.jpg
店内の様子

店内は所謂「古民家カフェ」の趣。元は倉庫だった所を改修したということで、天井の高さなどに面影が残る。カウンターやテーブル席だけでなく、座敷席まであるのが有り難い。

170617_03.jpg
茶房特製あんみつ【七福】(929円:税込み)

本日の注文は、同店定番メニューのひとつである、茶房特製あんみつ。
角寒天や小豆餡、求肥に白玉といった基本的なものの他、バニラと抹茶のアイス、季節のフルーツまで盛られた豪華な一品。

170617_04.jpg

物の本によれば、高級小豆として知られる丹波大納言「春日」を使った粒餡や、京都南部の市産(京都府南部、宇治市及びそれを囲む郡部で産出)の宇治茶、そして鹿児島県徳之島産の黒糖を用いた黒蜜といったように、とても素材に拘っている。餡蜜のような定番メニューは他店との比較もし易いだけに要求レベルも高くなるのが常だが、そのハードルを難なくクリアする美味しさだ。

特に、しっかりしていて品もあり、尚且つ後にしつこく残らない黒蜜と、注文を受けてから作る故にモッチリとした力強さとフンワリとした柔らかさを併せ持つ白玉の美味しさは是非堪能して欲しいところ。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 08:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:スイーツ・パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

錦糸町『李晃』さんでオリジナルな排骨飯を味わうの事

東京の城南地区住まいなので、城北・城東エリアに行く機会がなかなか無い。今回は珍しく城東エリアのお店をご紹介。

170610_01.jpg
李晃中華料理 / 錦糸町駅

JR錦糸町駅北口から徒歩3〜4分。1階部分は店舗、2階以上は集合住宅という典型的な雑居ビルの一角に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『李晃』さん。台湾料理に魅せられた店主が40年以上も前に始めた台湾料理のお店である。物の本によれば、開業当時は東京でも台湾料理を出すお店は珍しかったとのこと。

170610_02.jpg
店内の様子

店内に備え付けられた未だ現役のブラウン管テレビや、紙に手書きして壁に掲示されているメニューなど、店内は典型的な「年季の入った町の中華料理屋さん」なのだが、掲示メニューの中に紹興酒や腸詰(中華風なソーセージの一種。香腸ともいう)などが垣間見えるのが面白い。

170610_03.jpg
排骨飯(1100円:税込み)

今回の注文は、台湾料理の代表選手ともいえる、排骨飯(パイコーハン)。

170610_04.jpg

排骨(パイコー)とは豚の肋肉(あばらにく)のことで、これに小麦粉の衣を纏わせ油で揚げたものを御飯の上に乗せたのが排骨飯なのだが、おや?皿の上は溶き卵の餡で覆われているぞ? これは一体……?

170610_05.jpg

実はここが店主のオリジナル! 排骨は溶き卵の餡の下に隠れているのだ! 油で揚げられた厚みのある排骨は大量の餡を掛けられてもなお、衣はサクサク・中はジューシー。餡は少々しょっぱい感もあるが、下手にお上品でないぶん、親近感を感じる味となっている。そして、これらと御飯との相性が抜群で、あっという間に平らげられる美味しさなのだ。量的にも申し分なく、大満足の一品。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 09:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

「火星ヤシ」なんて元ネタを知らなくても怪しいと気づいてよ、フジテレビさん

テレビ界の凋落が指摘されて久しいが、不名誉にも筆頭に挙げられてしまっている感があるのがフジテレビ。
ざっと抜き出してみても以下のようなお粗末な体たらく。

四国がオーストラリアの形、九州はアフリカ 奇妙な日本地図を放送したフジテレビが謝罪
(J-CASTニュース)
https://www.j-cast.com/2016/01/25256563.html
…四国がオーストラリア、九州がアフリカ大陸の地図に置き換えられ、対馬、佐渡島、淡路島などがカットされている奇妙な日本地図を引用。

「月は自転しない」!?フジテレビが誤り訂正し謝罪
(日刊スポーツ)
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1803916.html
…番組中にテロップとアナウンスで「月は地球の周りを公転するものの、自転をしないため、地球からその裏側を目にすることはできない」と誤って解説。

フジテレビ謝罪 宮崎駿監督引退発言集はウソ…丸パクリ疑惑には回答せず
(デイリースポーツ)
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/05/30/0010236922.shtml
…アニメ監督・宮崎駿氏(76)の引退に関わる過去の発言を、実際に発言したかどうかの真偽を確認しないまま放送し、後に謝罪。

そしてまた……。

フジテレビがまた謝罪、「ガリガリ君」の実在していない味を紹介「ノンストップ!」
(スポーツ報知)
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170607-OHT1T50102.html



6日放送のフジテレビ系番組「ノンストップ!」で、赤城乳業が販売する有名氷菓「ガリガリ君」について特集していたのだが、「ガリガリ君」の期間限定タイプの商品を紹介する映像で、「スイカ」「九州みかん」に続き、実在しない「火星ヤシ」の商品パッケージを、インターネット上のコラージュ画像とは気づかずに放送してしまい、翌日の放送で謝罪する事態となってしまった。

赤城乳業によれば、架空の味を描いたパッケージを「ガリガリ君」ファンがインターネット上に公開することは、よくあるのだとか。要するに、フジテレビは、こうしたインターネット上の画像を、碌々真偽を確認することもせず本物と勘違いして放送してしまったということになる。視聴者に真実を伝える義務を負う、報道に携わる人間とは思えない杜撰な仕事と非難されても仕方がないのではないか? 

そもそも「火星ヤシ」なんて奇妙な名前の商品、たとえ元ネタを知らなくても、実在しない代物なのではないかという、見当というか、直感も働かないなんて、報道機関として恥ずべきことだと思う。

さてここで、ご存じない方に「火星ヤシ」の元ネタを説明しておく。「火星ヤシ」とは『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』というアニメに登場するデーツ(Date:ナツメヤシの実)に似た果実。同作品の主人公である、三日月(みかづき)・オーガスが劇中で食しているシーンがよく出てくるのでファンにはお馴染みだ。

さらに「火星ヤシ」と「ガリガリ君」の繋がりについてだが、これは同作品の登場人物の一人であるガエリオ・ボードウィンに由来している。

ガエリオと

170607_01.jpg
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムキマリス 1/144スケール 色分け済みプラモデル

三日月が

170607_02.jpg
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトス 1/144スケール 色分け済みプラモデル

モビルスーツで戦闘した際、

「この声…あんたチョコの隣の……」

「ガエリオ・ボードウィンだ!」

「ガリガリ?」

「貴様、ワザとか!」

(by.三日月・オーガスガエリオ・ボードウィン:機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ より)

170607_03.jpg
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 【特装限定版】 全9巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]

ガエリオが三日月に名前を「ガリガリ」と間違われたことから、ファンの間で彼を「ガリガリ」と渾名するようになり、それが元で、今回の騒動の発端になったコラージュ画像が作成されたと考えられる。


ところで、以前も当ブログで書いたことがあるが、赤城乳業さんは前衛的でチャレンジングな社風がセールスポイント。
今回の騒動に乗って、本当に「ガリガリ君 火星ヤシ味」とか作ってくれることを期待しています(要望)。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなのプロフィールSP
ブログランキング