2016年08月27日

2020東京五輪・パラリンピックは、世界に「勿体無い」を広めるか?

「もったいない」、東京五輪で国際語に 小池知事が意欲
(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASJ8V4VQ2J8VUTIL01J.html

東京都の小池百合子知事は、「東京大会の新たなコンセプトに『もったいない』を入れ、国際語にしたい」とし、環境に優しい大会にするべきだという考えを示した、と記事は伝えている。

小池都知事は、五輪閉会式への出席に合わせてリオデジャネイロの競技会場を視察されたのだが、仮設会場を大会後に解体して小学校4校に造り替える計画に、環境負荷を抑える「3R」(削減、再利用、再資源化)の理念の重要性を再認識したとのこと。

記事にもあるが「勿体無い」は、アフリカ人女性として初めてノーベル平和賞を受賞したケニアの環境活動家ワンガリ・マータイ女史が着目し、世界に広めた言葉として知られている。そしてマータイ女史の自伝を日本語に翻訳されたのは小池都知事その人であり、今回の発言も、都知事がマータイ女史を念頭に置いて話されたであろう事は想像に難くない。

ワンガリ・マータイ(Wikipedia)

160827_01.jpg
UNBOWEDへこたれない ~ワンガリ・マータイ自伝

確かに、この「勿体無い」、記事にもある3R……すなわちReduce(削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)の全てを含まれるだけでなく、自然や物へのRespect(尊敬)の意味まで併せ持っている、奥深い言葉というか概念である。マータイ女史が着目し、2005年から世界に広めた結果、今や世界中のみならず

「代わりはいくらでもあるけど、無意味に潰されるのは困るんだよね。勿体無いじゃないか」
(by.キュゥべえ:魔法少女まどか☆マギカ より)

160827_02.jpg
魔法少女まどか☆マギカ キュゥべえ (ノンスケール 塗装済みソフビフィギュア)

地球外生命体・インキュベーターにまで浸透した模様である。

……それはさておき、私見を少々。「勿体無い」精神の普及そのものは誠に結構なことだし、東京五輪・パラリンピックに向けて推すのも賛成である。しかし「勿体無い」は、ともすればReduce(削減)の要素のみがクローズアップされてしまいがちなのは注意が必要だ。例えばバリアフリーの促進や安全(警備)対策の強化といった面には十分に資金を投じるべきだと思う。

東京五輪:メダルに再生金属の利用 提言へ
(毎日新聞)
http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160115/k00/00m/050/017000c

例えば、五輪とパラリンピックで授与するメダルに再生金属の利用を検討している、といった話がある。これは「勿体無い」精神の普及と共に、日本の技術力を世界にアピールできるというプラス効果もある。

「勿体無い」は「ケチる」とは違う。Reduce(削減)よりも、Reuse(再利用)・Recycle(再資源化)・Respect(尊敬)に重きをおいた「勿体無い」に期待したい。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m

posted by 只今 at 17:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

ANAの手荷物トラブルと予防線

お盆休みシーズンに突入。旅行や帰省に行かれる方も多いことだろう。そんな折、こんなトラブルが発生してしまった。

全日空、荷物載せず出発=機械故障で国内28便−羽田
(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016081200699&g=soc

全日空 羽田便荷物載せず出発
(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20160812/4780041.html



記事によれば、昨日12日午前6時50分ごろ、羽田空港で全日空(ANA)の乗客から預かった荷物を仕分けする装置がセンサーの故障で約45分間停止した。装置復旧までの間、職員が手作業で仕分けするなどしたが、国内線計28便について全部または一部の荷物を載せられなかった。

荷物を全て載せるまで出発を遅らせると他の便へも影響が拡大するとの判断から、ANAは残った荷物を後続の便で運ぶという現実的な判断を下したのだろう。しかし乗客にはその旨を事前に知らせず、到着後に事の顛末を伝えたため、現地の各空港で結構なトラブルになった模様だ。

このような荷物の積み忘れや誤搭載は、海外の空港ではたまに発生するが日本では珍しいし、乗客には事後に状況を説明する形になっていることから、本件に関するANAの対応の不味さも指摘されている。

利用者にしてみれば、荷物が同時に到着していないために様々な不利益を被るのだから納得いかないのも腹が立つのも当然だろうし、文句のひとつも言いたくなる気持ちもよく分かる。しかし飛行機を利用する際に「手荷物が同時に運ばれない(遅れて到着する)」場合がある点について、実は利用者も事前に承諾しているはずである、というのはご存知だろうか? なぜならANAの国内旅客運送約款に記載されているからだ。以下に抜粋する。

第28条 受託手荷物の搭載
受託手荷物は、その旅客の搭乗する航空機で運送します。ただし、搭載量の関係その他やむを得ない事由があるときは、当該手荷物の搭載可能な航空機または他の輸送機関によって運送することがあります。
【参照】https://www.ana.co.jp/siteinfo/domestic/conditions-of-carriage/

「…あたし、予防線、張られた?」
(ルナマリア・ホーク:機動戦士ガンダムSEED DESTINY より)

160813_01.jpg
ROBOT魂 機動戦士ガンダムSEED DESTINY [SIDE MS] ガナーザクウォーリア (ルナマリア機) 約130mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

そう、このように約款に記載されているということは、つまりANAは今回のようなトラブルが発生し、ややもすれば裁判沙汰になることも想定済みで、予防線は張られてあったのだ。

つまり利用者側としても、飛行機を利用する際には手荷物が同時に運ばれない(遅れて到着する)リスクを想定し、例えば荷物は陸路を使って別便にしておくとか、財布やスマホといった貴重品や持病の薬などは手放さず機内に持ち込むといったような予防線を張って置くのが望ましい、とういことになる。

まあ、そんな事態にならないよう、ANAには再発防止策を徹底して貰いたいものではあるが。今回の件におけるANAは、装置の故障を発生させ、しかも対応が後手後手に回った感があるので決して褒められたものではない……。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 12:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

リオ五輪と魔物とセロトニン

4年に一度のスポーツの祭典、オリンピックが始まった。今回はブラジルのリオデジャネイロで開催される。南米での開催はオリンピック史上初のことだ。





さぞ地元も歓迎ムード一色かと思いきや、政治の混乱や汚職、膨大な五輪費用などに抗議するデモが行われるなど、一筋縄ではいかない状態での開催となっている。



ブラジルの経済が好調を維持していた時であれば違っていたのだろうが……。

さて、気になるのは本大会における日本人選手の活躍だが、早くも朗報が届いている。

三宅宏実 腰痛に耐え銅!ロンドンに続き2大会連続メダル
(スポニチアネックス)
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/08/07/kiji/K20160807013114730.html

萩野 400個メ制す! 日本勢金メダル第1号 瀬戸は銅
(スポニチアネックス)
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/08/07/kiji/K20160807013114810.html

一方で今大会では、普段より日本人選手(チーム)の不調が伝えられるケースが多い気がしてならない。

日本、リオ五輪黒星発進…大量5失点で当日現地入りのナイジェリアに屈する
(SOCCER KING)
http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20160805/476441.html

日本、開幕戦で宿敵・韓国に逆転負け…相手エース止めきれず黒星発進/バレー
(サンケイスポーツ)
http://www.sanspo.com/rio2016/news/20160806/rio16080621580061-n1.html

高藤 準々決勝でまさかの一本負け…敗者復活戦へ
(スポニチアネックス)
http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2016/08/07/kiji/K20160807013113731.html

内村 まさかの鉄棒落下「過信していた部分も…」種目別決勝逃す
(スポニチアネックス)
http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2016/08/06/kiji/K20160806013112691.html

これについては、前述した現地における治安の不安定さもさることながら、相も変わらずアスリートをタレントとして扱って必要以上に追いかけ回すマスメディアの姿勢にも問題はあるだろう。競技内容についてならまだしも、恋愛絡みの話とか(特に女性アスリートに対して顕著)いま聞かなくてはならない話題じゃあないだろうに……。

それとも、俗に言う「オリンピックという魔物」に不覚を取ってしまったのだろうか。別の言い方をすれば「日本人はプレッシャーに弱い」という、例のアレだ。

でもコレって、民族差別なんじゃあ……と思って調べたら、なんと、日本人は欧米人と比べ、精神を安定させる神経伝達物質であるセロトニンが出にくいのだという。

セロトニン(Wikipedia)

セロトニントランスポーター遺伝子(Wikipedia)

つまり「日本人はプレッシャーに弱い」には医学的根拠があったのだ(今後の研究によっては覆るかもしれないが……)!

とはいえ、日本人である事実はいまさら変えられないので、今回オリンピックに出られる選手の皆様には、声を大にして申し上げたい。

「悪い魔物ばかりじゃないよ。ぼくみたいな いい魔物も いっぱい いるんだよう……たぶん。」
(by.ホイミン:ドラゴンクエストIV より)

160807_01.jpg

世の中には、いい魔物もいるという事を……。


◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 11:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感:スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなのプロフィールSP
ブログランキング