2015年10月31日

武蔵小山『ちいさなフライパン』さんは「グラタン以外もしっかり美味しい洋食屋さん」の事

多くの商店街を擁することで知られる武蔵小山で靴を購入した帰り道、少々遅目のランチを取るために寄り道をした。

151031_01.jpg
ちいさなフライパン洋食 / 武蔵小山駅西小山駅戸越銀座駅

東急目黒線の武蔵小山駅東口から徒歩3〜4分、武蔵小山に数多くある商店街のひとつ、武蔵小山一番通りの一画にある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『ちいさなフライパン』さん。ランチタイムには行列もできる、グラタンの美味しいお店として知られる洋食屋さんである。

151031_02.jpg
店内の様子

白熱灯が多用された木目調の店内は暖かさと親しみ安さを感じる。レストランというより親しい友人の家にお呼ばれしたかのようだ。入店したのは昼の部の終わりも近い14時過ぎだったのだが満席に近い状態で、辛うじて空いていたカウンター席に通された。

151031_03.jpg

今回は日替わりランチ(970円:税込み 内容によって値段は変動)を注文。まずはミニサラダ。こちらを摘んでいると、

151031_04.jpg

ドリンク(選択可)と、

151031_05.jpg

メインディッシュが到着(ライスとパンで選択可能)。

151031_06.jpg

本日の内容はポークステーキと、ポテトとキノコのミニグラタン。さらにスパゲティとモヤシの和え物がついてくる。

151031_07.jpg

まずはグラタン。バターや生クリームは控えめで牛乳やブイヨンは多めというホワイトソースはアッサリ味で、パンはもちろんライスともマッチする美味しさ。これなら毎日食べても飽きないだろう。

151031_08.jpg

そしてポークステーキ。表面はカリッと焼き上げられているが内部はジューシーさを保っており、こちらも納得の美味しさ。主力商品以外もシッカリ美味しいのは良店の証だ。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 18:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

自由が丘『つばき食堂』さんが近所にあるので重宝するの事

慢性的に疲れが溜まっているのか、日曜日だというのに昼近くになってようやく外出する気力・体力が回復。この時間から遠出するのは辛かったので、ランチは近場で済ませる事に。和食が食べたい気分だったので……。

151025_01.jpg
焼魚と家庭料理 つばき食堂 自由が丘定食・食堂 / 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

自由が丘駅から徒歩1〜2分、東急東横線のガード付近に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『つばき食堂』さん。夜は居酒屋だが昼は定食が頂ける食堂として営業している……という、ありがちな業態のお店なのだが、自由が丘ではランチで和の定食が食べられるお店は貴重な存在。3年ほど前にオープンしてからというもの、ちょくちょく利用させて貰っている。

151025_02.jpg
店内の様子

角地に立っているため採光面が大きく、店内は自然光がふんだんに入って非常に明るい。ただそれとは別に店内に華やいだ雰囲気が漂っているのは、スタッフが全員女性という所も手伝っているのかもしれない。

151025_03.jpg
関サバの一夜干し定食(1230円:税込み)

今回の注文は、数ある定食類のなかでも一押しの声が高い、関サバの一夜干し定食。

151025_04.jpg

メインディッシュは、大分産・関サバの一夜干しが丸ごと一尾。

付け合せとして小鉢二品(この日はポテトサラダと切り干し大根)と香の物。
そして、ご飯と味噌汁はお替わり自由! なお店内の張り紙によれば、ご飯は宮城県産の一目惚れを使用しているとのこと。

151025_05.jpg

一夜干しは築地の市場で毎日仕入れているとのこともあり、鮮度は保証済み。肉の厚みも脂のノリも良く、醤油を掛けずにそのまま食べても十二分に美味しい。いうまでも無くご飯との相性も抜群で、今日もあっという間に完食してしまった。

ハレの日の御馳走と考えると豪華さに欠けるかもしれないが、普段使いのお店として近所にあると嬉しいタイプのお店。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 14:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

恵比寿『板蕎麦 香り家』さんで板蕎麦を初体験するの事

或る日のこと、散髪の帰り道で書店に寄ったところ、新しいグルメガイド本を発見したので購入。早速パラパラとめくりながら、その本に掲載されていた一件のお店に向かった。

151024_01.jpg
板蕎麦 香り家そば(蕎麦) / 恵比寿駅代官山駅

JR恵比寿駅から徒歩2〜3分、大通りから脇道に入って直ぐの所にある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『板蕎麦 香り家』さん。山形県の内陸部で食べられている板蕎麦を都内で楽しめる貴重なお店だ。

151024_02.jpg
店内の様子

小料理屋のような小粋な外見や内装、さらに店内流れるジャズの調べ……これらから醸し出される“高級感”に尻込みしてしまいそうだが、あに図らんやラフな格好のお一人様や幼い子供を連れた家族連れなども来店しているので、心配ご無用。

151024_03.jpg
おためし蕎麦切り(850円:税別)

今回の注文は、おためし蕎麦切り。板蕎麦の大きな特徴は、蕎麦がセイロ(蒸籠)ではなく長方形の木箱に盛られていること。板が蕎麦の余分な水分を吸収してくれるのが蒸籠より優れている部分なのだという。

151024_05.jpg

なにが「おためし」なのかというと、ノーマルの蕎麦汁と胡麻ダレの二種類で蕎麦を「おためし」できるから。

151024_04.jpg

今回、蕎麦は太打ちの田舎そばを選択しているが、細打ちも選べる。

151024_07.jpg

151024_08.jpg

物の本によれば、蕎麦は王道の二八蕎麦。太打ちならではの弾力のある歯ごたえと、太打ちには珍しい鮮やかな喉越しが両立されており、レベルの高い美味しい蕎麦となっている。蕎麦汁はともかく、胡麻ダレは個性が強いので蕎麦自体の出来が良くないと胡麻ダレに負けてしまうのだが、この蕎麦なら問題なく楽しめる。

151024_06.jpg

なおランチタイムにはサービスとして季節の炊き込みご飯(この日はサツマイモの炊き込みご飯)がついて来る。こちらもサービス品とは思えないシッカリとした出来栄え。

普段使いからハレの日まで、使い勝手の良いお店だと思う。皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 12:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

渋谷『マリーアイランガニー』さんで、圧巻のポークカレーに出会うの事

或る日のこと、カレーの美味しいお店があると聞きつけ、私は渋谷を目指した。

151017_01.jpg
マリーアイランガニースリランカ料理 / 神泉駅渋谷駅代々木公園駅

JR渋谷駅から徒歩5分ほど。東急デパート本店の斜向かいにある雑居ビルの5階に入居している(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『マリーアイランガニー』さんが目的地。店頭にスリランカの国旗があることからも分かる通り、スリランカから空輸したスパイスを使ったカレーが人気のお店である。

151017_02.jpg
店内の様子

店内はカレー店というより小洒落たバー風だが、それもそのはず、夜はバースタイルでアルコールも楽しめるから。正直、地図を見ながらでも発見しづらい場所にあるお店なのだが、私が席についた後からも続々と客が来店し、瞬く間に店内は盛況となった。

151017_03.jpg

平日ランチ限定のミニサラダを摘みながら待っていると……。

151017_04.jpg
ポークカレー(1188円:税込み)
※5食限定・価格はランチ時のもの

本日のお目当て、ポークカレーのご到着!

151017_05.jpg

オーストラリアにあるエアーズロックの如き巨大な豚バラ肉の塊が皿の中央に鎮座する姿は圧巻の一言。また、肉の巨魁に目を奪われがちだが、カレールーから放たれる芳香にも注目だ。

151017_06.jpg

物の本によれば、本来スリランカのカレーはココナッツミルクを多用するそうだが、同店のカレーは控えめにしてあるとのこと。食べた第一印象は「フレッシュな美味しさ」。とても鮮やかな味わいと潔い後口が癖になる。

151017_07.jpg

もちろん豚バラ肉も期待を裏切らない美味しさ。よく煮込まれて柔らかくなっており、さらに噛む程に力強い味わいが伝わってくる。


前述のとおり、お店を発見しづらいのが難点だが、その苦労が報われる味だと思う。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

元町・中華街『吉兆』さんの活あさりそばが、疲れた身体に染み渡るの事

9月末〜10月頭は月末・月初が重なる週になったため、早朝出社・深夜帰宅が続いた。そのため週末になっても体力・気力が回復せず、身動きができるようになったのは土曜日の日が暮れてからとなった。疲れた身体を引きずるように向かった先は……。

151004_01.jpg
広東料理 吉兆広東料理 / 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅

みなとみらい線・元町・中華街駅2番出口から徒歩5分ほど。日本最大級のチャイナタウンである横浜中華街・北京小路の一画に店を構える『吉兆』さん。日本人の舌に合うように研究を重ねた広東料理をいただけると評判のお店である。

151004_02.jpg
店内の様子

レトロモダン風の装飾が施された店内は、中華料理店というより横浜に多く残る老舗洋食店のような印象も与える。そんな店内に中華テイストの絵画が飾られているというのは、横浜中華街ならではの光景といえるかもしれない。

151004_03.jpg
活あさりそば(単品910円:税別)

今回は、同店不動の看板メニュー、活あさりそばをセットメニュー(1500円:税別)で注文。まずは主役の活あさりそばが到着。

151004_04.jpg

物の本によれば、元は賄い料理(従業員用の料理)だったとのこと。それが今では店を訪れる人の90%の人が注文する(!)名物料理にまで成長した。具はアサリの酒蒸しとネギのみという潔さ。アサリの芳香が心地よく鼻腔をくすぐる。

151004_05.jpg

まずはスープから。豚骨と鶏ガラからからなる醤油味のスープにアサリの旨味が存分に溶け出している。その滋味あふれる美味しさは、食欲が湧かなかったはずの胃袋に深く染み渡っていく。

151004_06.jpg

麺は特注だという中太ストレート麺。茹で加減は若干は柔らかめだが、スープとの相性は抜群で、疲れているはずの胃にスルスルと収まる。

151004_07.jpg

アサリは三河湾で採れた新鮮で大粒なものを一杯につき約200グラムも使用。身はチャンと火が通っているが柔らかさとプリッとした歯ごたえはキープ。身を貝殻から外して食べる作業が病み付きになる。なお貝殻を入れるための取り分け皿が別途用意されるので、ご安心のほどを。

151004_08.jpg

さて、こちらはセットメニューの副菜である、もち米焼売ともち米肉団子。

151004_09.jpg

もち米焼売は味がついているのでそのままパクリと、

151004_10.jpg

もち米肉団子が醤油と辛子でいただく。これらもシッカリ美味しく、同店が活あさりそばだけでなく、他のメニューもクオリティが高いことを証明する逸品となっている。昼夜を問わず注文できるメニューなのも有難い。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 12:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなのプロフィールSP
ブログランキング