2015年09月27日

学芸大学『恩家』さんで「行列ができるのも納得」のうどんに出会うのこと

或る日のこと、荒天を押して外出した。かねてから訪れてみたいお店があったのだが、人気店のうえに営業時間が短く、なかなかタイミングを掴めずにいたのだ。

150927_01.jpg
讃岐饂飩 恩家うどん / 学芸大学駅祐天寺駅

東急東横線・学芸大学駅から徒歩数分、学大十字路という路地の一画に店を構える(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『恩家』さん。讃岐うどんのお店としては都内でも屈指の評判店で、ガイドブックやムック本に掲載されること枚挙に暇(いとま)がない。

150927_02.jpg
店内の様子

ご覧のとおり、生憎の空模様で、しかもコアなランチタイムは過ぎたというのに、店内はほぼ満席で順番待ちも出るほど。確かにカウンターとテーブルを合わせても12〜3席程度の小規模店舗ではあるが、学芸大学駅周辺は住宅地であってビジネス街ではないことを考えれば驚愕の集客力だと思う。

150927_03.jpg
醤油うどん(550円:税込み)
※写真は大盛り(プラス100円)

今回は、一番シンプルな醤油うどんをオーダー。

150927_04.jpg
角が立ち、表面がツヤツヤのうどんは、その白さも相俟って随分と艶(なま)めかしい。その他は大根おろしと削り節、刻み海苔に酢橘(すだち)という少数精鋭。

150927_05.jpg

これに醤油をサッと掛け回して麺を啜り込む。物の本によれば醤油は、うどん県……じゃなかった(笑)香川県の地場メーカーの薄口醤油を取り寄せて使っているとのこと。冷水で〆られて心地よい弾力と喉越しを実現した麺と相まって、讃岐うどんとして高い完成度を誇る美味しさとなっている。シンプルなれど飽きの来ない逸品で、行列ができるのも納得だ。

繰り返しになるが営業時間が短い(11:00〜14:00ごろ:売り切れ仕舞い、日・月・祝休)ので予定を合わせにくいのが難点だが、皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 10:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

八丈島『アカコッコ』さんで麦雑炊をいただき、八丈島旅行の〆とするの事

八丈島旅行も最終日。台風18号の影響により飛行機の運行が心配されるなか、私は宿を後にし、八丈島空港へと向かった。本当は飛行機到着までの時間、別の場所に寄り道でもしようと思っていたのだが、私が乗る予定の飛行機が羽田からやってきてくれるか微妙な情勢だったので、空港に待機を決めたのだ。

とはいえ、少々時間を持て余したので……。

150926_01.jpg
アカコッコ定食・食堂 / 八丈島)

八丈島空港内唯一のレストラン『アカコッコ』さんで食事をとりながら待機することにした。因みにアカコッコとは八丈島のほか伊豆諸島一帯に生息するツグミの一種である。



150926_02.jpg
券売機

店頭の券売機で食券を購入して店内に入る。和洋中なんでもござれのメニューや、

150926_03.jpg
店内の様子

店内のオーソドックスな作りを見ていると、昭和の時代のデパート最上階のレストランを思い起こす。東京本土では絶滅危惧種状態だが、どっこい八丈島ではまだ現役だ。

午前の便は既に欠航が決まっているうえ、午後便の到着には少し時間がこともあって、人影はまばら。窓際の席に座り、窓の外で雨が降ったり止んだりを繰り返す不安定な天候を眺めながら暫し待つ。

150926_04.jpg
麦雑炊(720円:税込み)

せっかくなので「島っぽい食べ物を」と思い、麦雑炊を注文。島寿司とならぶ八丈島の代表的な郷土料理だ。

150926_05.jpg

物の本によれば、昔は八丈島に米が無かったため、永らく麦の雑炊が食べられてきたのだとか。明日葉が入っているのは、八丈島料理のお約束。

150926_06.jpg

その他は白身の焼き魚や昆布の佃煮といったシンプルな構成。宿で朝食は別途済ませているので、このぐらいで調度良いのだ。

150926_07.jpg

味噌味の雑炊は、素朴だけれと滋味に溢れた優しい美味しさ。適度なとろみもあるので食べると身体があたたまる。明日葉の仄かな苦味が良いアクセントになり、単純な料理のはずなのに満足感の高い一品となっている。

150926_08.jpg
あしたば団子(350円:税込み)

胃袋に余力があったので、あしたば団子もオーダー。

150926_09.jpg

通常の草餅であればヨモギを使うところを明日葉を用いている。ヨモギの草餅より色が淡いかな?

150926_10.jpg

黒蜜を掛けていただくのだが、苦味が気になることもない美味しい草餅でした。食後の口直しにどうぞ。


『アカコッコ』さん空港内の施設なので立地的には満点。皆様もお気軽にお立ち寄りあれ。

――

なお午後便は無事到着し、八丈島に足止めされることなく東京本土へ戻れました。
もう暫く八丈島にいても良かったけど……。






◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 11:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

八丈島『ココ・ムーン』さんで、クセのある食材を美味しくいただくの事

八丈島旅行も終盤。台風18号の影響で天候不順のなか、日帰り温泉施設に入浴後、バスに乗り込んで市街地を目指した。

150919_01.jpg
ココ・ムーンイタリアン / 八丈島)

そして「東畑(とおばた)」という停留所でバスを降り、東京本土からの定期船がやってくる底土港(そこどこう)方面に向かって歩くこと数分で『ココ・ムーン』さんに到着(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)。看板にもあるように漢字では「心月」と書く。キラキラネームぽい店名だが、物の本によれば、創作料理が味わえるカフェとして島内外を問わず評価の高いお店とのこと。

また八丈島の飲食店は14:00でランチタイムを終了させるお店が殆どなのだが、同店は16:00までオープンしているという点でも、使い勝手の良いお店として重宝されてるようだ。

150919_02.jpg
店内の様子

南国テイスト漂う店内の小洒落た感じは、八丈島では貴重な存在。テーブル席の一つに腰掛け、メニューをパラパラとめくっていると、

150919_03.jpg
本日の追加メニュー

スタッフさんが「本日の追加メニュー」と書かれた立て看板を見せてくれた。実は別のメニューを注文するつもりだったのだが、

150919_04.jpg
豆乳明日葉麺冷し坦々(1458円:税込み)

「豆乳明日葉麺冷し坦々」の文字に惹かれ、それを注文。

150919_05.jpg

明日葉が練り込まれた中華麺に、豆乳ベースの坦々スープが張られている。その他の具は細切りのキュウリや挽き肉など。半透明の緑色に色づいた麺が美しい。

150919_06.jpg

中華料理には、ホウレン草の絞り汁を練りこんで麺を緑色に仕上げる翡翠麺という技法があり、それを応用したものと推察される。栄養価は高いが若干苦味がある(その仄かな苦味が良いアクセントなのだが)明日葉も、こうして加工すれば抵抗なく胃袋に納められる。また坦々スープは胡麻の芳香と味にラー油が良いアクセントとなり、さらに豆乳のクリーミィさも加わって、こちらも美味しくいただける。

一見すると目新しさを追求しているように見えて、実は明日葉と豆乳という栄養価は高いが人によっては好き嫌いが出る食材を難なく食べさせるよう工夫された料理なのが嬉しい。レギュラーメニューにも魅力的なものが多々あるので、皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 12:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

八丈島『名代一休庵』さんで明日葉うどんを堪能するの事

『すし処 銀八』さんで島寿司をいただき(前回エントリー参照)、宿に戻るべくバス停を目指して歩いていると……。

150912_01.jpg
名代一休庵うどん / 八丈島)

東京都八丈支庁の隣で(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『名代一休庵』さんを発見。明日葉を練り込んだ饂飩(うどん)が名物とのこと。ポッコリお腹が気になる年頃ではあるが、胃袋にはまだ余裕があったし、雨脚が強くなってきたので雨宿りも兼ねて(注:言い訳)入店することに。

ちなみに明日葉とは伊豆諸島などに自生している多年草。「きょう葉を摘んでも明日には芽が出ている」と称されるほどの発育力の強さから「明日葉」と名付けられたほど。近年では健康食品として注目されているのでご存知の方も多いと思う。

150912_02.jpg
店内の様子

閑話休題、店内にはカウンター、テーブル、座敷席と一通り揃っており、収容人数は決して少なく無いはずだが、地元の人から観光客まで大勢の客で賑わっており満席状態。店外で少し待機したのち入店し、カウンター席に座って注文を通す。厨房にある大型冷蔵庫の扉に貼られた『ひょっこりひょうたん島(かつてNHKで放送されていた人形劇で八丈島がモデルとされる)』のキャラクターが写った八丈島の宣伝ポスターを眺めながら暫く待つ。

150912_03.jpg
一休天ざるうどん(1350円:税抜き)

そして待望の天ざるうどんが到着〜♪

150912_04.jpg

うどんには明日葉が練り込まれている。仄かな緑色が美しい。

150912_05.jpg

そして大きなエビが一尾と明日葉の天ぷらがついている。

150912_06.jpg

手打ちのうどんはかなりの太麺。モッチリした歯ごたえで食べごたえ十分。卓上の島唐辛子を漬け汁に入れると、また違った美味しさが楽しめる。

150912_07.jpg

明日葉は味にちょっと苦味があるが、天ぷらにすることでそれも消えて美味しくいただける。もちろんエビの天ぷらも上出来ですぞ。

八丈島には場所が分かりにくい(というより目印となる建物が少ないので説明しづらい)お店もあるが、八丈支庁の隣という抜群の分かりやすさも魅力的。難点を言えば、お店のご主人がお一人で厨房を取り仕切っているので混雑時には料理の提供に少々時間が掛かるぐらいか? 皆様も訪れてみては?





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 15:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:蕎麦・うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

八丈島『すし処 銀八』さんで島寿司を初体験するの事

八丈島旅行2日目、朝方から降り注ぐスコールのような雨の中で外出を強行したものの、スニーカーの中まで水が滲みこむズブ濡れの大惨事となり、当初の計画を断念。宿に戻っての篭城を決意し、外出先で見つけた小規模スーパーマーケットで食料を買い込むも、一転して天気が回復。気まぐれな島の天気に翻弄された格好だが、それもまた旅の面白さというもの。気を取り直して計画を再開。向かった先は……。

150911_01.jpg
すし処銀八寿司 / 八丈島)

八丈島町役場に向かう通り沿いにある(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『すし処 銀八』さん。八丈島名物の島寿司(しまずし)を味わえる有名店で、島の内外から訪れる人が絶えない。

150911_02.jpg
店内の様子

店内はカウンター席と小上がり(座敷席)に分かれている。開店してから間もない時間に入店したため、他のお客は1人だけ。ただし、そのお客さんは日本全国の離島巡りが趣味とのことで、威勢よく話しをされる店の大将とトークが弾んでいた。

150911_03.jpg
島寿司(2030円:税込み)

待つことしばし、島寿司のご到着〜♪。

150911_05.jpg

なお島寿司のネタのアラが入ったアラ汁がサービスでついてくる。

150911_04.jpg

島寿司の表面のツヤを見ていると鼈甲(べっこう)を連想するが、それもそのはず、島寿司は別名を「べっこう寿司」と言うぐらいなのだ。

おっと、島寿司の説明をすっぽかしていた(汗)。島寿司とは八丈島の郷土料理で、スーパーマーケットの惣菜コーナーに並んでいるぐらい同島ではポピュラーな食べ物。その正体は八丈島近海で捕れる白身魚の切り身を醤油ダレに漬け込んだものをシャリと合わせた握り寿司で、ワサビ(山葵)の代わりにカラシ(芥子)を使うのも特徴だ。ちなみに写真右下の黒いネタは岩ノリの握りで、これをつけるのも島寿司の流儀とのこと。

150911_06.jpg

ヅケにすることで身が引き締まって味も深まったネタと、少し甘めに調整されたシャリ、そしてカラシの刺激が絶妙な按配で、次から次へと箸が伸びてしまう美味しさ。気がつけばあっという間に9貫食べ切っていた。

この島寿司、もともとは長い船旅の弁当として編み出され、現代まで受け継がれたものなのだとか。昔の人の知恵と工夫が、今なお島の名物として、生活の中に息づいているのが面白い。皆様もお試しあれ。





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 17:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

八丈島『藍ヶ江水産』さんで、くさやを初体験するの事

勤め先の部員の皆様がバックアップしてくれたおかげで、今年は3年ぶりに夏季休暇を取得できた。これを利用し、いまだ乗るたびに恐怖で身が震える(苦笑)飛行機で移動すること一時間弱……。

150910_01.jpg
八丈島空港

4泊5日の日程で、八丈島を訪れた。伊豆諸島南部に位置する、都心からおよそ290キロ離れた亜熱帯の島である。

150910_02.jpg
そこらじゅうにハイビスカスが咲いている!

そして戦国時代の武将・宇喜多秀家をはじめ、多くの流人を受け入れて独自の文化を発展させてきたことで知られる。歴史ものに興味がある私としては、ぜひ訪れてみたかった場所のひとつだ。


150910_03.jpg
宇喜多秀家の墓

とはいえ初日は移動のみで終了。2日目は八丈島内および周辺海域に生息する動植物・海洋生物の生態を紹介する都立八丈植物公園を見学したあと

150910_04.jpg
都立八丈植物公園ビジターセンター

地元でも評判とされる、あるお店へと向かった。

150910_08.jpg
地魚干物食堂 藍ヶ江水産魚介・海鮮料理 / 八丈島)

町役場などがあり島の行政的な中心地域となる大賀郷(おおがごう)。東京家庭裁判所の八丈島出張所近くの路地を進むと到着する、くさやなどを製造する水産加工業・藍ヶ江水産。その工場内に併設されているのが(詳しい場所は上部リンク先、または記事下の地図を参照)『藍ヶ江水産』さん。

150910_09.jpg
店内の様子その1

店内には土産物を販売するスペースと

150910_10.jpg
店内の様子その2

食堂スペースがある。水産物の加工販売業者が自社商品のデモンストレーションを兼ねて食堂も運営しているようなイメージである。

150910_11.jpg
本日のメニュー

どのメニューも魅力的過ぎて、本当に迷ったのだが……。

150910_12.jpg
青むろ鯵のくさや定食(1380円:税抜き)

これまでの人生で、くさやを食べた経験がなかったので青むろ鯵のくさや定食を選択。

150910_13.jpg

メインとなる青むろ鯵のくさや、

150910_14.jpg

ライス

150910_15.jpg

150910_16.jpg

小鉢2品と香の物、

150910_17.jpg

そして貝類の一種であるカメノテと岩ノリの味噌汁である。

150910_18.jpg
くさやにマヨネーズをつけて…

ご存じない方に簡単に説明すると、くさやとは「くさや汁」と呼ばれる魚醤のような発酵液に漬け込んだ干物のことである。

くさや(Wikipedia)

納豆やウォッシュチーズと同様に微生物(乳酸菌)の力によって深い味わいが生まれるが、同時に独特の臭いも生じてしまう、と小耳に挟んでいたので、くさや初体験の私は相当に身構えていたのだが、火を通してあるためか香ばしさを優先的に感じた。まぁ噛みしめながら空気を鼻に抜くようにして、感覚を研ぎ澄ますと微妙に刺激臭(以下反転・閲覧注意:公衆トイレやドブのよーな臭いと思ってくだされ)を感じなくもないが、気になるほどではない。

あとで調べた所によると、八丈島は雨が多く(東京本土の約2倍)、更に島内に2つある山のひとつ三原山が水を蓄えやすい地質のため、離島には珍しく水資源が豊富にある。そのため発酵液を丹念に洗い流せるので、くさやの臭いがマイルドなのだそうだ。

閑話休題、味も「身が引き締まって味が凝縮した干物」といった感じで、マヨネーズという結構個性の強いソースに負けるどころか、よりいっそう味を膨らませている。私も様々な魚の加工品を食べてきたが、このたび食べたくさやの美味しさは人生トップクラスの衝撃だった。もちろんライスとの相性は申し分なく、御飯のおかずとして屈指の逸品である。皆様もお試しあれ。

150910_19.jpg

さてさて、一通り定食を食べ終わったあと、壁の張り紙に気づき……。

150910_20.jpg
ミルクジェラート「八丈島の人妻」(350円:税抜き)

デザートでミルクジェラート・八丈島の人妻(注:商品名)を追加注文。八丈島の牧場で育てられたジャージー牛のミルクから作られているとのこと。

150910_21.jpg

150910_22.jpg

ふんわりとした食感と淡雪のようにサラリととける舌触り、口当たりはあくまで仄かな柔らかい甘みだがカップの底には濃厚な部分が待ち構えており、味の変化が楽しめる。締めの一品として申し分ないと思う。

なお、この商品が何ゆえ「八丈島の人妻」などとゆーネーミングなのか、人生の未熟者である私にはよくわからない(苦笑)。なぞを解いた方、ご一報ください。
m(_ _)m





◆最後までお読み頂きありがとうございました。
banner_03.gif←管理人の励みになります。よろしければクリックをお願いしますm(_ _)m


posted by 只今 at 17:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食:和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなのプロフィールSP
ブログランキング