2006年08月17日

太陽系に仲間が増えるかも!?

太陽系惑星9個→12個へ、惑星の定義変更案を公表
読売新聞

天文学の最高機関「国際天文学連合」(IAU、本部・パリ)で、これまで明確でなかった惑星の定義案が示されたとのこと。『太陽(恒星)を周回する自己重力で球形の天体』というこの案に従えば、昨年冥王星の外周で発見された「2003 UB313(仮称:ゼナ)」、従来まで冥王星の衛星とされていたが二重惑星との解釈もある「カロン」、火星〜木星間の小惑星帯(アステロイドベルト)最大の「セレス」が惑星に昇格し、惑星数は現在の9個から12個に増えるそうだ。

ただ、この案をそのまま採用してしまうと、天文観測技術も(天文学だけに)日進月歩しているため、今後続々と新惑星が発見されてしまう可能性もあるので議論を呼んでいるらしい。そのため「今後冥王星よりも大きい星が見つかっても惑星とはしない」という案もでているそうだ。個人的には「新惑星発見!」の可能性を残していたほうが夢があっていいし、天文学者サイドにしてもヤル気の源になると思うのだが如何だろうか。

このニュースを耳にして、自分が疑問に思ったのが西洋占星術の世界。新たに3つも惑星が増えるとなると、これまでの定義づけが根底から覆ってしまわないのか? まぁおそらく何らかの形で新解釈がなされるとは思うが、考えてみれば「2003 UB313」も「カロン」も「セレス」も有史以来存在していたにも関わらず、いまさら思い出したように運命に影響してくるというのも変だよなぁ。

それとも「それまで何の痛みも感じなかったのに『怪我をしている、血が出ている』と気がついた途端、急に痛み出す」のと同じ理屈で、人々が意識を向けるから、その星に意味ができ、影響を及ぼし始めるのだろうか。あぁ、だとすれば、人生に影響を与えるのは星の位置よりも人の意識・人の意思の方がウエイトが大きいということになるか…困ったなぁ(笑)。

それはさておき、気になるのはこれら新惑星候補たちの日本名だ。なにしろ例の「水金地火木…」に加えなければならないから語呂がいいものを希望したいが、最近の日本人は外来語をそのまま使うため、翻訳能力が落ちているから少々不安。


今日のお題の参考資料に…
posted by 只今 at 15:30| 東京 🌁| Comment(13) | TrackBack(25) | 雑感:サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなのプロフィールSP
ブログランキング